【日本】学習専用プラットフォームに学習履歴の国際標準を実装

日本の株式会社ネットラーニングは、同社で実運用中の学習専用プラットフォーム“Multiverse(マルチバース)”に学習履歴の国際標準Caliper(キャリパー)を実装した。本プラットフォームの特徴でもある学習者の進捗・成績管理機能に加え、今回Caliperを実装したことによって企業や教育機関は受講者に対しより的確な学習支援が可能だ。

eラーニング
株式会社ネットラーニング

日本の株式会社ネットラーニングは、同社で実運用中の学習専用プラットフォーム“Multiverse(マルチバース)”に学習履歴の国際標準Caliper(キャリパー)を実装した。同社は、eラーニングを活用した人材育成や研修トータルソリューションをワンストップで提供している。

“Multiverse(マルチバース)”は、ライブレッスンや動画配信内容を盛り込んだ教材作成機能ほかeラーニングを受講した学習者の進捗状況ならびに成績を管理する機能などが統合されているため、シームレスに利用できるのが特徴だ。また、今回Caliperを実装したことによって世界中のプラットフォームやアプリから膨大な学習データを収集しながら分析できるため、企業や教育機関は学習者に対しより的確な指導や学習支援が可能となっている。

なお、同社はeラーニングやICT活用教育の国際標準化を推進するコミュニティIMS GLOBAL Learning Consortiumの普及を担う日本IMS協会設立当初のメンバーとして、今後も世界標準レベルのeラーニングソリューションを提供していく予定だ。

【企業サイト】株式会社ネットラーニング

広告