【アメリカ】着脱可能なハードデバイスのクラスでの使用率上昇の見込み

アメリカのWiseGuyReports社は、2015〜16年のアメリカの学校教育現場における着脱可能なハードデバイスの浸透具合を調査、分析したレポートを発表した。この結果によると、2016〜2020年の間で着脱可能なハードデバイスのクラス内での使用率が45.52%増加するとの見通しだ。

事例報告
WiseGuyReports

アメリカのWiseGuyReports社は、2015〜16年のアメリカの学校教育現場における着脱可能なハードデバイスの浸透具合を調査、分析したレポートを発表した。当社はWise Guy Consultants Pvt. Lt社の一部で、マーケットリサーチ、調査、分析を行う調査部門。

着脱可能なハードデバイスとは、様々な形やサイズで流通しており、手首に巻くリスト型や頭にかぶるヘッドギア型が主な着用法となっている。また、スマートフォンやタブレットにデータを同期できるものもあり、環境やデータの種類によってメガネ型、時計型、着脱可能なカメラなど様々なデバイスがあるのが特徴だ。キーベンダーとしては Apple、Google 、Microsoft 、Samsungなどの大手企業が名を連ねる。

着脱可能なハードデバイスを使用することで、健康維持のためにデータを保持したり、より授業を理解するための手掛かりとなったりと良い相乗効果が生まれることから、今後、クラス内での使用率が更に上がっていく見込みだ。

【企業サイト】WiseGuyReports

広告 

PAGE TOP