【シリーズ】イスラエル:携帯端末を触らずに「バリアフリー」に操作できるアンドロイド対応アプリ提供開始へ

イスラエルのSesame Enable社は、次期Googleアンドロイドフォンでダウンロード可能な、タッチフリーアプリを開発、提供開始することを発表した。当アプリをダウンロードすることで、音声操作や新しいテクノロジーであるヘッドトラッキングと呼ばれる頭の動作により操作を行う機能で携帯端末に触れることなく操作が可能となることが特徴。

シリーズ
Sesame Enable

イスラエルのSesame Enable社は、次期Googleアンドロイドフォンでダウンロード可能な、タッチフリーアプリを開発、提供開始することを発表した。同社は障害や難病による携帯端末ユーザーを支援するアプリ開発会社。

当アプリは、次期発売のアンドロイド機種にて簡単にダウンロード、使用開始することができる。当アプリを使用することで、顔の動作により操作ができるフェイストラッキング、目の動作によるアイトラッキングなど、携帯端末に触ることなく操作することが可能となった。ダウンロード初回1か月は無料で機能が使用でき、手を動かすことができない障害者や難病者らが実際に機能性を試すことができる。Google社がSesame Enable社に1億ドルを寄付することでこのアプリの開発、提供に貢献した。

Sesame Enable社の創立者兼社長であるOded Ben Dov氏は、「Googleの新たな機能により、当機能を本当に必要としている方へ届きやすくなった。当アプリにより多くの方へ携帯端末を利用する可能性が広がるだろう」と語った。

【企業サイト】Sesame Enable

広告 

PAGE TOP