【シリーズ】日本:意識の「バリアフリー」を目指すウェブメディア

株式会社ゼネラルパートナーズは、障がいを持つ方のために、生活に役立つ情報を発信するライフスタイルメディア“Media116”をオープンした。仕事、行楽情報、エンタメ情報など、各分野のトピックスを分かりやすく分類し、随時更新している。

シリーズ
株式会社ゼネラルパートナーズ

日本の株式会社ゼネラルパートナーズは、障がいのある方に向け、よりアクティブな生活を支援するライフスタイルメディア“Media116”をオープンした。同社は障がい者を専門の就職支援、人材派遣を行なっており、そのノウハウを活かし、偏見のない誰でも暮らしやすい社会を目指すとしている。

“Media116”は仕事、エンタメ情報や障がい者の法制度の情報まで、障がい者の日常生活に関連したさまざまな情報をわかりやすく分類し、発信するウェブメディアだ。記事は仕事情報を中心に、エンタメ情報、生活全般を扱っており、当事者である障がい者だけでなく、その家族、障がい者に関わる仕事に従事するユーザーにも役立つ内容となっている。運営元は、ウェブという身近な媒体を通じて、一般社会へも障がい者の生活情報の周知をはかって行きたい狙いがあるという。

“Media116”という名称は、内閣府が発行する“平成27年度版障害者白書”に由来する。“日本の全人口における障がい者の割合は16人に1人”というデータがあり、その数字の大きさから、障がい者をより身近に感じてほしいという希望が込められている。

【企業サイト】株式会社ゼネラルパートナーズ

広告 

PAGE TOP