【日本】日本初、LGBTへの理解を深めるeラーニング教材

株式会社ライトワークスは、研修アプリ“誰もが働きやすい職場をつくるLGBT”を開発、提供を開始した。企業側、管理職側の理解度を明らかにし、LGBTを適切に理解していないことから生じる企業リスク、対応方法を学ぶことができる。2016年3月31日からリリース開始。

教材/アプリ
株式会社ライトワークス

日本の株式会社ライトワークスは、環境、従業員のグローバル化に取り組む企業へ向けて“誰もが働きやすい職場をつくるLGBT”をリリースした。同社はICTを用いた人材育成プログラムを提供しており、このアプリはLGBTを支援する株式会社レティビーと共同で開発された。

“誰もが働きやすい職場をつくるLGBT”は環境のグローバル化、従業員の多様化に取り組む企業へ向けて開発された。国際化する企業にはLGBTへの適切な理解が求められ、対応を誤ると人材流出やイメージダウンなど様々なリスクが発生する。それに対応し、従業員のLGBTへの理解を深め、中間管理職層に必要なマネジメント、従業員間の適切なコミュニケーション手法を無理なく学ぶことができる。慶應義塾大学David J. Freedman教授の監修。

“中間管理職のためのチームマネジメントシリーズ”の中のアプリだが、管理職層だけでなく全従業員を学習対象としている。PC、タブレット、スマートフォン等のマルチデバイスに対応している。

【企業サイト】株式会社ライトワークス

広告 

PAGE TOP