【シリーズ】日本:香港発、「英語」で「英語」を学ぶオンライン講座

株式会社SEEDは、英語で英語を学ぶラーニングサービス“Super-English”の提供を開始した。毎日15分~30分という短い時間で、繰り返し学習するのが特徴のオンライン英語学習講座だ。香港で開発され、現地の学校指定の自宅用学習教材として80校以上で使用されているサービスが、日本でリリースされることとなった。

シリーズ
SEED

日本の株式会社SEEDは、英語学習に興味のあるユーザーに向けて、英語で英語を学ぶeラーニングサービス“Super-English”の提供を開始した。同社は、香港の中学・高校で長年展開している英語学習サービスの、日本でのマーケティング企業。

“Super-English”は、英語で英語を学ぶ、毎日15分~30分という短い時間で繰り返し学習する、などが特徴のオンライン学習サービスだ。少しづつでも、“毎日、日本語を使わずに英語に触れる”ことを重視しており、短時間でもそれを毎日繰り返すことで学習が定着するよう、カリキュラムがデザインされている。香港では学校指定の自宅用学習教材として14年間、約80校の中学・高校で採用されており、実践力があるとの評価を得ている教材だ。

繰り返し学習の負担にならないよう月額の定額制で、月500円(税込)での提供となっている。PC(Win、Mac)でのサービスであり、スマホは非対応。外付けマイク、Adobe Flash Player 10.3 以上が必要となる。

【企業サイト】株式会社SEED

広告