【日本】医師と患者の情報格差を解消するウェブメディア

日本のメドピア株式会社は、健康管理や疾病予防への意識が高い一般の方を対象に、医師と患者の医療情報格差を解消するウェブメディア“イシコメ(β版)”を提供開始した。“イシコメ(β版)”の特徴は、実名・写真・病院名を公開した国内10万人以上のイシコメ・ドクター達が日々の厳選ニュースに対し、コメントを追加・共有しながら発信する情報の信頼性を向上させている。

ウェブサービス
メドピア株式会社

日本のメドピア株式会社は、一般の方を対象に医師と患者の医療情報格差を解消するウェブメディア“イシコメ(β版)”を提供開始した。同社は、現在国内で10万人以上の医師(イシコメ・ドクター)が参加する医師専用コミュニティーサイト“MedPeer”を運営している。

“イシコメ(β版)”の特徴は、“MedPeer”に登録済の各イシコメ・ドクターによって日々ピックアップされるニュースの丁寧な解説を通じて、健康管理や疾病予防への意識が高い一般の方でも専門的な医療・ヘルスケア情報を正しく読み解くことが可能だ。また、実名・写真・病院名を公開している複数のイシコメ・ドクターが各ニュースに対し自由にコメントを追加できる仕組みを導入したことにより、発信する情報の信頼性を向上させている。

なお、今後は一般の方がピックアップした日常生活の中で気になるニュースのコメントをイシコメ・ドクターにリクエストできる機能や、お気に入りのイシコメ・ドクターをフォローできる機能などを追加していく予定だ。

【企業サイト】メドピア株式会社

広告 

PAGE TOP