【日本】実践的なベンチャー企業投資のeラーニング講座

日本のDANベンチャーキャピタル株式会社は、eラーニングを通じてベンチャー企業投資のプロを育成すべく2016年3月1日に“ベンチャーキャピタリスト養成講座”を開催する。また、本講座の修了者は新規事業や関連事業への投資を目的としたCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)部門での経営企画業務支援が可能だ。

eラーニング
DANベンチャーキャピタル株式会社

日本のDANベンチャーキャピタル株式会社は、eラーニングでベンチャー企業投資の専門人材を育成すべく2016年3月1日に“ベンチャーキャピタリスト養成講座”を開催した。同社は、ベンチャー企業投資支援を通じて新たなインフラ構築を目指す独立系ベンチャーキャピタルだ。

本講座は3種類で構成され、基礎講座(22科目)・応用講座(6科目)・実践講座となっている。具体的には、基礎・応用講座において業務知識の習得から演習訓練までをeラーニング形式で行う。そして、実践講座において実際の投資候補先へ出向き、経営者ヒアリングをもとに投資レポートを作成する流れだ。なお、講師陣は公認会計士や弁護士などの専門家に加え、経験豊富な同社の登録ベンチャーキャピタリストが専門科目を担当する。

本講座の修了者は中小・ベンチャー企業投資のスペシャリストであり、新規事業や関連事業への投資を目的としたCVC(コーポレートベンチャーキャピタル)部門に配属されることで、経営企画業務を支援することが可能だ。

【企業サイト】DANベンチャーキャピタル株式会社

広告 

PAGE TOP