【日本】“総務省ICTドリームスクール実践モデル”成果発表会

株式会社デジタル・ナレッジは“総務省ICTドリームスクール実践モデル”成果発表会において、実証報告を行った。執行役員、小林建太郎氏が登壇。“学校と民間教育機関連携による効果的な教材・学習環境の提供モデル“について発表した。この会議は2016年3月3日、総務省主催で開催された。

事例報告
株式会社デジタル・ナレッジ

日本の株式会社デジタル・ナレッジは、“総務省ICTドリームスクール実践モデル”成果発表会で講演を行った。執行役員の小林建太郎氏とトレッド株式会社代表取締役、高崎了輔氏が登壇。学校と民間教育機関連携による効果的な教材・学習環境の提供モデルについての成果を発表した。

“総務省ICTドリームスクール実践モデル”成果発表会は、総務省が行っている“先導的教育システム実証事業”の一環。この計画は、ICT教育の普及を目指し3年計画で進められており、今回は中間年度に当たる2015年度の事業の成果発表が行われた。会場では展示会も併設。写真や動画で、事業の成果と実践の内容が展示された。各自治体、教育委員会、学校へ向けた相談窓口なども設置され、事業の取り組みの周知が行われた。

“ICTドリームスクール実践モデル”は、2015年7月に選出。11の企業や団体、教育機関から成る。2014年から総務省と文部科学省が連携して行っている“先導的な教育体制構築事業”の一環。

【企業サイト】株式会社デジタル・ナレッジ

広告 

PAGE TOP