【日本】中学生がSEの仕事を学べる教材、無償で貸し出し開始

株式会社野村総合研究所の、“便利を支える情報システムの秘密”は、中学生がシステムエンジニアの仕事を学べるオリジナル教材。社会科授業用として開発された。全国の中学校に向け、無償で貸出を開始する。2016年2月17日からスタート。

教材/アプリ
株式会社野村総合研究所

日本の株式会社野村総合研究所は、全国の中学校へ向け、SEの仕事を学べる教材“便利を支える情報システムの秘密”の無償貸し出しを開始した。社会科授業、中学1〜2年生用。生徒が自分の店舗の売り上げを、情報システムを活用して向上させていく体験型学習プログラム。

“便利を支える情報システムの秘密”は、アクティブラーニング(体験型学習)を採用。生徒はスーパーマーケットの店長になり、店舗の売り上げを立て直す方策を、ゲーム形式で考えていく。チームに分かれて議論し、様々な情報の選択、分析、考察に挑戦。その過程で、膨大な情報が情報システムによって“自動処理”され“視覚化”されること、社会の中での情報システムの役割などを学ぶ。教材の評価が高く実施要請が増えたので、このたびの無償貸し出しとなった。

教材の開発は2012年。2013年、経済産業省の“第4回キャリア教育アワード”奨励賞を受賞。中学生の学習指導要領“社会”の公民的分野における“私たちが生きる現代社会と文化”に準拠。

【企業サイト】株式会社野村総合研究所

広告 

PAGE TOP