【日本】社会人の通勤時間はスマホ学習で

日本のKIYOラーニング株式が提供する資格試験対策有料オンライン講座“通勤講座”の受講者が2016年2月上旬で9000人を超えた。最先端ITによる質の高い動画授業で試験に必要な内容を効率的に学ぶことができるこのサービスの利用者は今後も順調に増えて行くと見込まれる。

オンライン
通勤講座

日本のKIYOラーニング株式会社は、社会人などを対象にしたオンライン講座“通勤講座”の有料受講者数が、2016年2月上旬で9000人を突破したと発表した。この原因のひとつに、スマホの普及に伴い、スキマ時間に効率よく勉強したい人が増えたことがある。

“通勤講座”の特徴は、最新のITと動画製作技術による質の高いコンテンツを、スキマ時間を使っていつでもどこでも勉強ができる点だ。また、資格試験合格に必要な内容が全てカバーできる。この会社では、世界一学びやすく、わかりやすく、続けやすいオンライン教育を提供するという観点で、2008年10月に中小企業診断士の“通勤講座”を開設した。その後、忙しいビジネスマンの支持を得て講座数を増やし、司法書士講座を中核に税理士、行政書士、簿記講座を新たに開講した。

社会人の資格試験の勉強では、スキマ時間の活用が有効だ。KIYOラーニング社では、これからも各種資格試験講座を展開し新しい学習機会を提供して行く予定。

【関連サイト】通勤講座

広告