【日本】ICT活用を目した上尾市立中央小学校での無線LAN実証実験

日本の三井情報株式会社(MKI)は、上尾市立中央小学校に無線LANアクセスポイントを1年間設置し、“MKIマネージドWi-Fi”の実証実験を行った。結果として、教職員と各学年の児童が校舎内であればどこからでも幅広く授業を共有でき、授業で使うデータを児童のタブレットに事前配信することで準備や運営の効率化を図れるようになった。

教育システム
三井情報株式会社

日本の三井情報株式会社(MKI)は、上尾市立中央小学校に無線LAN環境を導入し“MKIマネージドWi-Fi”の実証実験を行った。同社は、ICTインフラからアプリケーションにわたる設計・構築・運用・保守サポートなどを通じて、新ビジネスの創出に挑み続けようとしている。

本実証実験では、1年間におよび校内に無線LANのアクセスポイントを設置し、“MKIマネージドWi-Fi”で24時間365日の監視・運用を実現した。これによって、教職員と各学年の児童が教育ソフトとタブレットを組み合わせ、校舎内のどこからでも幅広く授業を共有できるようになった。また、教職員がタブレットを教室外に持ち出し授業で使うデータを収集後、児童のタブレットに事前配信することで、授業の準備や運営の効率化を図ることも可能だ。

今後、上尾市教育委員会では学年別の様々な教科や学習形態における無線LAN利用率などを検証し、タブレットの有効な使い方や課題を把握すると共に、市内小中学校全体で教職員の指導力ならびに児童の学力向上を目指している。

【企業サイト】三井情報株式会社

広告 

PAGE TOP