【日本】オンライン英会話を大学入学前学習に導入

日本の近畿大学国際学部が、入学前学習支援としてSkypeを利用した対面オンライン英会話“オンラインスピーキングトレーニング”を利用する。これは、英語を聞く力や話す力を伸ばし、世界に通用するビジネスリーダーを養成しようという同学部での授業や留学に備えるためのものだ。

オンライン
国際学部

日本の近畿大学で2016年度から開設される国際学部では、入学前学習支援としてSkypeを使った対面オンライン英会話“オンラインスピーキングトレーニング”を実施する。すでに入学が決まっている生徒全員を対象に英会話能力と英語に対する自信を養うことが目的だ。

このトレーニングでは、株式会社ベネッセi-キャリアと連携して行われ、国際学部での英語での授業や必修である留学に必要とされる、聞く力と話す力が身につく。ひとりひとりのレベルとペースに合わせて、1回25分全10回のネイティブ講師とのマンツーマンのレッスンを受けるうちに、少しづつ英会話に慣れるようになっている。また、オンライン授業なので遠方に住む合格者にも交通費等の負担がない。そして、専任の担当者が一人一人の進度を把握してアドバイスしてくれる。

近畿大学国際学部は、ベルリッツコーポレーションと提携してグローバルビジネスリーダーの育成を目指している。そこで、入学前学習支援では、日本語での文章力向上や問題解決力育成を目的とした“ロジカルライティング”も実施する予定だ。

【関連サイト】近畿大学

広告 

PAGE TOP