甲南大学で、Microsoft Azureを活用した教育クラウド・プラットフォームの利活用について実証研究を開始

「アクティブ・ラーニング」に対応し、BYODなどのICT環境を検証。

アクティブラーニング

実施スケジュール:2016年4月1日(金)〜7月31日(日)
実施対象:甲南大学 マネジメント創造学部(西宮キャンパス)
授業名=ITベーシック(約50名、1年生科目)
ビジネス研究プロジェクト(約20名、2〜4年生科目)
実施協力機関:甲南大学、内田洋行、日本マイクロソフト

  •  「アクティブ・ラーニング」に対応し、BYODなどのICT環境を検証。
  •  ITベーシックでは、文章作成、表計算などICTの基礎的なスキル修得の授業を、デバイスの種類やOSに依存しないシームレスな学習環境の元で実施する。

【参考サイト】
マイクロソフト・New Center Japan(2016年3月9日)