小学生がタブレット操作の先生になり、高齢者に手ほどき。山口県で、ICT教育の成果を地域還元。

宇部市立小羽山小学校では、2年前にタブレットを導入。以来、効果的な活用法を模索する中で「地域交流会」を企画した。

事例報告
  •  宇部市立小羽山小学校では、2年前にタブレットを導入。以来、効果的な活用法を模索する中で「地域交流会」を企画した。
  •  前半は、高齢者からけん玉やあや取りを教わる「昔遊び」、後半はデジタル世代の子供たちがタブレットを使った「今遊び」をみんなで楽しむ内容。

宇部日報社(2016年2月12日)

広告