【日本】教育格差に関する調査研究機関を設立

日本の株式会社リクルートマーケティングパートナーズは、教育とテクノロジーの融合、子どもの教育環境格差についての分析・研究、未来への提言を行う調査研究機関”リクルート次世代教育研究院”を設立した。世界で学びの機会を待つ子供たちのために情報発信を行っていく予定。

教育総合
リクルート次世代教育研究院

日本の株式会社リクルートマーケティングパートナーズは、教育とテクノロジーの融合、子供の教育環境格差についての分析・研究、未来への提言を行う調査研究機関“リクルート次世代教育研究院”を設立した。同社は、主に学習サポートやマッチングサービスを提供している企業。

この研究院は、教育とテクノロジーの融合がもたらすイノベーションにより、これからの未来を創るすべての子供たちにより良い教育を届けるという目的から設立された。主な活動内容は、教育環境格差やICT教育に関する調査・情報発信だ。

その他にも、より良い教育の創造に繋がる各種活動を行っていく。専門家や子供たちのサポートに携わる方々からの協力のもと、誰でも自由に学び、ありたい未来を実現できる世界を目指していくとしている。

【企業サイト】株式会社リクルートマーケティングパートナーズ