【日本】オンラインサービス“食コンディショニング”でベストコンディションへ

日本のネオス株式会社は有限会社クオリティライフサービスと共同で、ラーニングコミュニティを活用した健康促進プログラム“食コンディショニング実践プログラム”の新サービスを開始した。同サービスのポイントは、ヘルスコーチによる食生活改善箇所の指導と参加者同士でコミュニケーションがとれることにある。

ウェブサービス
食コンディショニング

日本のネオス株式会社は、有限会社クオリティライフサービスと共同で、2016年2月1日より“食コンディショニング実践プログラム”の新サービスを開始した。

同サービスは、ラーニングコミュニティを活用した健康促進プログラム。コミュニティ運営者であるヘルスコーチは、プログラムを通して参加者に学びや気づきを与える。現在の体の状態から調整するべきポイントを把握し、ベストコンディションへと導く。具体的には、“ミッション”、“体感ポイント”、“理論”をセットにして学ぶことで、ライフスタイルに定着・継続できるスキルを身につける。さらに参加者は、お互いに励まし合いプログラムを実践することにより、継続しやすく効果を実感できるという。

健康管理やトレーニングサービスは、一般的に継続が難しいと言われている。そこに、ヘルスコーチとのコミュニケーションをベースに“人を感じる・人が寄り添うサービス”をプラスし、高い継続率を維持し参加者の満足度を高めたいとしている。

【企業サイト】
ネオス株式会社