【アメリカ】国際機関が学習管理システムを一元化

アメリカに拠点を置く非営利の国際保健機関PATHは、世界20ヶ国で働くスタッフのトレーニングを管理するため、NetDimensionsの学習管理システムを導入する。従来は2系統の学習システムを使って管理していたものを一括管理し、報告の簡略化及び効率化、及びコストの抑制を狙う。

教育システム
NetDimensions

アメリカに拠点を置く非営利の国際保健機関PATHは、世界20ヶ国で働く1300人以上のスタッフのトレーニングを一括管理するため、NetDimensionsの学習管理システムを導入する。NetDimensionsは組織を対象に人材管理ソリューションを提供するグローバルプロバイダ。

PATHでは以前から2系統の学習管理システムでトレーニング記録を管理しており、片方のシステムで外部学習者のトレーニング記録を管理しながら、もう一方のシステムで内部スタッフの管理を行っていた。今回は報告の簡略化及び効率化、及びコストの抑制を目的として、統合学習ソリューションの実装を決定した。新たな学習管理システムは既存のシステムとの統合が可能で、なおかつ様々な国や機関で動作できるものが選択された。

PATHのShannon Dowd氏は、「我々は倫理と国際的な研究基準に則り、すべての学習レポートを集約できるシステムを求めていた。NetDimensionsのシステムは多様なニーズを満たす柔軟性を持っている」と語った。

【関連サイト】NetDimensions

広告