【日本】ビッグデータ活用のための高速解析エンジン

日本の株式会社野村総合研究所は、社会のビッグデータ活用の需要拡大に応えるため、テキストデータ解析ツール“TRUE TELLER”の解析エンジンを独自開発の技術を使って高速かつ高精度化した、最新版の提供を開始した。

ウェブサービス
TRUE TELLER

日本の株式会社野村総合研究所は、受賞歴もあり業界シェアトップの優れたテキストデータ解析ツール“TRUE TELLER”の解析エンジンの最新版の提供を開始した。これは、解析エンジンの高速化と高精度化を図り、ビッグデータ活用に対する社会の需要拡大に応える目的で行われたもの。

最新版の特徴は、独自開発した技術を利用してテキスト解析エンジンの高速化かつ高精度化に成功したことだ。まず、解析速度は最大で従来の約12倍になった。これによって、コールセンターの音声データや膨大なソーシャルデータの効率的な分析ができる。また、解析精度についてもノイズ除去性能はそのままで従来の1.6倍に向上している。さらに、これまで手作業だった新語や造語の登録が自動化されたので、より正確で質の高い解析が可能になった。

同社では今後、この技術を“TRUE TELLER”のみならず、さまざまなテキスト処理の分野で応用し、ビッグデータを活用した経営課題を解決して行くことが検討されている。

【関連リンク】TRUE TELLER