【フランス】顧客支援ソフトウェアが企業の収益増に貢献

フランスのConecteo社がアメリカのJive Software社のソフトウェア“Jive-x”を社内外のコミュニケーションツールに採用。必要な情報共有を必要な相手と容易に行うことを可能とし、同社の収益増に数年にわたり貢献している。

教育システム
Jive Software

フランスの顧客関係管理ソフトウェア・ベンダーConecteo社が、アメリカのJive Software社の”Jive-x”を導入したことにより社内外間のコミュニケーションやコラボレーション支援を可能とした。Conecteo社はAdidas社、Euroclear Bankなど大手企業を顧客に持ち、おもに顧客管理・支援を行っている。

同ソフトウェア”Jive-x”内で”myKiamo”と呼ばれる共有スペースでは、電子ファイルの送付、ブログ、Q&A、ディスカッションなど様々な情報交換が従業員、提携企業、顧客間で可能となっている。Conecteo社の技術者、エンジニア、生産管理など最も適した専門分野より的確に返答することを可能とし、業務効率化を図った。顧客と従業員間で、より細やかなサービス対応ができることにより、既存の顧客離れを防ぐ役目も果たしているという。

Conecteo社のCEO Jean LucNeveu氏は、「同社の著しい成長に伴い、既存と新規両方の顧客を、満足いく状態で管理することは必要不可欠だった。単純に顧客管理の人員を増やすよりも、”Jive-x”のようなオンラインサービスをうまく駆使することで、存続可 能な管理体制を生み、更なる成長にもつながった」と述べた。

【企業サイト】Jive Software