【日本】高校・大学教員から見た反転授業の期待と課題

eラーニング研究所は、高校・大学教員向けに2014年・2015年と反転授業に関するアンケートを実施し、比較した。その結果、認知度は51%(去年比10%増)、導入は2%(ほぼ横ばい)だった。教員の半数は反転授業導入に意欲的だが、授業ビデオ作成の負担が大きいなど課題もある。

反転授業
アンケート

日本のeラーニング戦略研究所は、“高校教員、大学教員に対する反転授業に関するアンケート調査”を2015年4月に実施した。同内容のアンケートを2014年にも定点調査している。同研究所は、株式会社デジタル・ナレッジが運営。

アンケートの結果は、以下のとおりだ。
反転授業を「知っている」「聞いたことがある」と回答した教員は51%で、2014年より10%増加した。反転授業を「行っている」と回答した教員は2%で2014年とほぼ変わらなかった。
以上のことから認知はされてきたが、導入は依然として低い水準であることがわかる。
しかし、教員の約半数は、反転授業の導入に意欲的であることが明らかになった。学習者の自主性や思考力、ディベート能力の向上など“アクティブラーニング”につながると好意的だ。

導入率が上がらない理由として、2014年・2015年とも以下の2つを主な課題として挙げている。教員側の課題は、授業ビデオ作成の負担が大きいこと。生徒側の課題は、自宅学習(家庭での予習)の定着化だ。

ことばの解説

反転授業とは?

反転授業とは、家庭学習の中で宿題として講義を受け(予習)、学校では、予習をふまえて発展的な問題に取り組んだり、生徒同士で議論をしたりという学びをすること。教員が授業内容の動画を用意し、生徒は家庭でその動画を視聴することが宿題となる。

現在の学校で講義を受け、家庭学習の中で学校の宿題をする(復習)学習スタイルとは逆になるので、反転授業というキーワードが生まれた。

【プレスリリース】
高校教員・大学教員の半数が『反転授業』導入に意欲小中高校向け

広告 

PAGE TOP