【カナダ】発展途上国の子供たちに学習環境を提供する教育アプリ

カナダのDataWind社は非営利研究機関Mitacsと連携し、発展途上国の子供に向けたモバイル教育アプリを開発すると発表した。アプリは複数の大学と共同で開発される。同社の提供するインターネット通信プラットフォームを通じ、最新の教育技術による教育を受けることができる。

教材/アプリ
151211

カナダのDataWind社は非営利研究機関Mitacsと連携し、発展途上国にいる教育の受けられない子供たちを対象としたモバイル教育アプリを開発する。同社はプリペイド式のインターネット接続プランと廉価なタブレットをセットにした、低コストのインターネット通信プラットフォームを新興市場向けに提供するネットワーク事業者。

このアプリはMitacsが出資し、さらにDataWind社が9万ドルを追加投入して制作される。伝統的な教育カリキュラムを、ゲーミフィケーションのような最新の教育技術を使用して学ぶことができるようになる予定とのこと。アプリは同社が独自に提供する低速帯域のインターネット回線を通じ、受講者間での通信やQ&A機能、フォーラム、成績評価機能などが利用可能になる。アプリはTeluq大学のLicef研究センターのもと、いくつかの大学と共同で開発される予定。事前の契約に基づき、アプリは商用展開の開始される2016年6月まではDataWind社が権利を保有する。

DataWind社のCTOであるRaja Tuli氏は、「当社の低コストなインターネット通信プラットフォームとこのアプリがあれば、世界中の何百万人もの子供たちに学習環境を提供できる可能性がある。我々の持つインターネット通信技術が、子供たちに教育の場を設け、よりよい未来を掴むために役立つと信じている」と語った。

【企業サイト】DataWind

広告 

PAGE TOP