【アメリカ】化学物質の安全な取り扱いを学ぶオンラインコース

アメリカのMastery.com社は、化学物質を扱う企業などの従業員向けに新たに5つのオンライン教育コースを開始した。各コースは、アメリカ化学物質安全委員会(CSB)が製作した公開動画を利用しており、事故が起きる原因やその影響などについて、詳細な分析を踏まえた解説を聞くことができる。このコースで学ぶことで、従業員たちは事故の恐ろしさを実感し、職場での化学物質の取り扱いに対する知識や意識が高まり、職場の安全が確保されるようになる。

オンライン
151209

アメリカのMastery.com社は、化学物質を扱う企業などの従業員向けに新たに5つのオンライン教育コースを開始した。これは、従業員たちに化学物質の安全な取り扱いについての知識や意識を高めてもらい、より安全な環境を作り出すことを目的としている。

このコースの特徴は、専門的な内容をインタラクティブな形で学ぶことができる点だ。5つのコースは、それぞれ違う種類の事例についての詳細と分析になっている。そして、アメリカ化学物質安全委員会(CSB)が製作した動画では、事故が起きる原因やその影響、結果について丁寧に解説されている。CSBの公式レポートなどの資料もダウンロードできるので、安全の重要性がより実感できるようになる。さらに、各コースには学んだ知識を試す修了テストがある。

オンラインコースのため、普段働いている社会人も時間や場所を選ばずに学習でき、企業側も研修のコストを抑えながら従業員教育ができる。安全性への意識が身についた従業員は、企業により貢献できる見込みが高まる。

【企業サイト】Mastery.com

広告 

PAGE TOP