【アメリカ】官民共同開発のeラーニングを提供

アメリカのCopia interactive社は、ヴァージニア州と共同で開発したeラーニングプログラムの運用を2015年9月から開始すると発表した。 特筆すべきは、生徒の能力や進歩に併せたサポートをおこなう従来型のeラー […]

教材/アプリ

アメリカのCopia interactive社は、ヴァージニア州と共同で開発したeラーニングプログラムの運用を2015年9月から開始すると発表した。

特筆すべきは、生徒の能力や進歩に併せたサポートをおこなう従来型のeラーニングプログラムに加え、教育者側の視点も重視している点である。教師らは用意されている豊富な教材から、個々の特色を生かした柔軟性のある授業をデザインできる。また、生徒それぞれの成績を分析、個人のニーズに合わせたディレクションをすることが可能。これらにより、よりカスタマイズ可能なプログラムとなっている。
Copia interactive
官民が一体となって、時代の変化に伴った義務教育改革に着手することは、子供たちの向上心を促進する上で頼もしいことである。このようなプログラムが、今後いっそう活性化されることが期待される。

【企業サイト】Copia interactive

広告