【日本】日本語オンライン学習講座を世界へ

日本のアテイン株式会社は、日本語を学ぶ外国人向けのeラーニングコンテンツ‟オンライン日本語 入門編(全12課)”の提供を開始した。これは、オンライン学習の需要に合わせ、同名の映像教材を学習管理システム(LSM)を使い世界 […]

教育システム

日本のアテイン株式会社は、日本語を学ぶ外国人向けのeラーニングコンテンツ‟オンライン日本語 入門編(全12課)”の提供を開始した。これは、オンライン学習の需要に合わせ、同名の映像教材を学習管理システム(LSM)を使い世界中で配信できるようにしたものだ。

このコースでは、これから日本語を学ぶ外国人が、日本語の初歩的な運用能力を身に付けることができる。教材の学習内容は、ひらがなとカタカナの発音と書き方、長音、撥音、促音、拗音、アクセント、あいさつの会話と表現になっている。映像授業の総時間は5時間39分、付属のPDFテキストには印刷できる書き取り練習シートが付属している。また、映像には英語の字幕が付いており、日本語が分からなくても講座を受けることが可能だ。
アテイン株式会社
来日する外国人が増える中で、日本語学習に対する需要も高まっている。国内外の大学や、日本語学校、社員の日本語教育などで、今後はこうしたシステムを積極的に利用していくべきだろう。

【企業サイト】アテイン株式会社

広告