【アメリカ】優れたコンテンツとテクノロジーの融合

アメリカのKnowRe社は韓国のDaekyo社と提携し、数学の適応学習サービス‟Summit Math”の開始を発表した。KnowRe社のテクノロジーを利用し、Daekyo社のコンテンツで学習する生徒の学力を向上させる目 […]

教育システム

アメリカのKnowRe社は韓国のDaekyo社と提携し、数学の適応学習サービス‟Summit Math”の開始を発表した。KnowRe社のテクノロジーを利用し、Daekyo社のコンテンツで学習する生徒の学力を向上させる目的だ。

Daekyo社は、長年適応学習の発展に力を入れてきた。同社では既に世界20か国に1250以上の学習センターを持ち、韓国だけでも100万人以上生徒がこのシステムを利用しているとのこと。一方のKnowRe社は、個人の学習の進度を測るアルゴリズムを開発し、アメリカの多くの教育施設に適応学習テクノロジーを提供している。KnowRe社のCEOは、これで生徒が「より個人に合わせた内容の濃い学習体験ができる」と述べる。
KnowRe
IT技術を活用した新しい教育サービスは、これからも確実に増えていくことだろう。今後は、このような教育的にも技術的にも優れたサービスを提供することが生き残る上で重要になってくると思われる。

【企業サイト】KnowRe

広告