【日本】観光庁による旅館経営のオンライン講座

日本のNTTナレッジ・スクウェア株式会社は、“gacco”の5月からの新講座として、旅館・ホテルの経営者や従業員向けの観光庁特別講座“旅館経営教室”の生徒募集を開始した。これは、地域の宿泊産業の活性化を目的とした総務省統 […]

オンライン

日本のNTTナレッジ・スクウェア株式会社は、“gacco”の5月からの新講座として、旅館・ホテルの経営者や従業員向けの観光庁特別講座“旅館経営教室”の生徒募集を開始した。これは、地域の宿泊産業の活性化を目的とした総務省統計局によるMOOC講座である。

この講座では、専門家による授業を通じて、旅館やホテルの経営改善に必要な実践的な知識や技術を身につけることができる。また、コースの修了者には観光庁長官名の修了証が発行され、成績優秀者には特別な修了証が与えられる。受講生どうしが掲示板での交流で悩みを共有すれば、最後まで学習を続ける力になる。さらに、一般の人たちが宿泊施設の経営についての理解を深めるのにも役立つ。
NTTナレッジ・スクウェア株式会社
宿泊産業の市場規模は縮小しているが、外国人旅行者数は年々増加している。宿泊施設の関係者がこうした講座でニーズに即した経営を学ぶことで観光客を増やすことができれば、地域経済の発展に大きく貢献するだろう。

【関連サイト】gacco

広告 

PAGE TOP