【日本】ユーザーからの希望に応え、バージョンアップしたeラーニング

日本のMogic株式会社は、同社のスマホ/タブレット/PC eラーニングシステム「LearnO(ラーノ)」におけるカスタマイズ機能をバージョンアップしたと発表した。このシステムは、法人や団体に所属する利用者同士が動画やテ […]

教育システム

日本のMogic株式会社は、同社のスマホ/タブレット/PC eラーニングシステム「LearnO(ラーノ)」におけるカスタマイズ機能をバージョンアップしたと発表した。このシステムは、法人や団体に所属する利用者同士が動画やテキストを通じて、パソコンやスマートフォンからいつでも学習でき、直近2年で10万人が有料で利用したサービスである。

ユーザーは、デザイン性がバージョンアップしたことで、既存のゴールド、シルバー、ブロンズに加え、ブラック、ダークブラック、ダークブルー、ブルー、グリーン、ローズピンクの6色を選べるようになった。また、管理ツールでは、利用端末ごとのログイン数などをグラフ化し、直感的に学習履歴を把握することが可能。

ラーノ

eラーニングは、ユーザーの利用者が多いほど、提供サービスのブランディングや操作性が重要である。実際使用しているユーザーが、一番欲しいと思う機能を追加したことで、ユーザーの学習意欲向上にも繋がるだろう。

【関連サイト】LearnO ラーノ

広告 

PAGE TOP