【日本】スマホを利用した英語学習で学習完了率がアップ

日本の株式会社イングリッシュセントラルは、自社開発の英語学習システムを調査し、PCを利用した場合とスマホを利用した場合の学習達成度の違いを発表した。発表によると、スマホを使用した場合、PCを使用した学習者の約2倍の学習者 […]

教育システム

日本の株式会社イングリッシュセントラルは、自社開発の英語学習システムを調査し、PCを利用した場合とスマホを利用した場合の学習達成度の違いを発表した。発表によると、スマホを使用した場合、PCを使用した学習者の約2倍の学習者が、学習を完了しているという。

同社は、“EnglishCentral”という英語学習システムを展開している。このシステムには、PC用オンラインサイトと、スマホ用アプリが存在する。学習者は、1万本以上ある動画コンテンツから興味のある動画を選択し、リスニング、語彙、スピーキングの3分野について学習できる。調査によると、リスニングでは約38%、語彙では約55%、スピーキングでは約115%、PC学習者に比べ、スマホ学習者の完了率が上がったという。同社は、隙間時間で学習できるスマホ学習により、完了率が上がったと分析している。
株式会社イングリッシュセントラル
同社が、スマホに対応していない教材は、学習を提供する機会を逃していると指摘しているように、携帯端末が普及した現在、PCだけでなく携帯端末に対応した学習システムが必要になるだろう。

【企業サイト】株式会社イングリッシュセントラル

広告 

PAGE TOP