【アメリカ】モバイルネイティブ世代の授業とは

ノルウェーに本部を置く多国籍企業itslearning社は、”Generation Z: Growing and Learning with Mobile”と題したインフォグラフィックを発表した。これは、教育関係者向けに […]

教育システム

ノルウェーに本部を置く多国籍企業itslearning社は、”Generation Z: Growing and Learning with Mobile”と題したインフォグラフィックを発表した。これは、教育関係者向けに書かれた、中学生たちのモバイル利用状況とその教育への活用のための資料である。

この資料では、授業でのモバイル活用について次のような特徴が記されている。まず、2013年には35%の教師が授業にモバイル端末を利用していた。そして、モバイル端末を利用している生徒の半数以上が、自分の成績を確認、レポートを書くために利用していた。また、モバイル端末を利用した授業を受けている生徒の方が統一試験の成績が高かった。さらに、携帯電話の小さな画面の方が失読症の生徒に良いということも分かった。
itslearning
モバイルネイティブ世代の成長と共に、教育関係者は生徒の需要にあった教育環境を整えることが求められている。その対策のひとつとして、今後はitslearningのようなクラウド型の学習管理プラットフォームに注目すべきだろう。

【企業サイト】itslearning

広告 

PAGE TOP