【日本】ETS出資・認定のスマートフォン向け英語学習アプリが日本市場へ

日本のユニファイド・サービス株式会社は、イスラエルの英語教育アプリ開発会社SpeakingPal社と、ソフトウェアに関するライセンス、カスタマイズおよびディストリビューション契約を締結した。 SpeakingPal社は、 […]

教材/アプリ

日本のユニファイド・サービス株式会社は、イスラエルの英語教育アプリ開発会社SpeakingPal社と、ソフトウェアに関するライセンス、カスタマイズおよびディストリビューション契約を締結した。

SpeakingPal社は、TOEICおよびTOEFLの主催団体であるETS(Educational Testing Service)が出資/認定している企業。同社開発の“SpeakingPal”は、ETS監修の世界初スマートフォン向け英語学習アプリで、音声認識エンジンを活用し、スピーキングとリスニングに特化した豊富なビデオコンテンツが特徴だ。今回のSpeakingPal社とユニファイド・サービス社との契約締結により、このアプリは日本市場向けにカスタマイズ販売できるようになる。一般ユーザーには、App StoreやGoogle playを通じて配信する。また、グローバル化を目指す企業や教育機関など、法人向けにも提供を進め、初年度は一万人の利用者獲得を目指す。
ユニファイド・サービス株式会社
日本の英語に関しては、スピーキングとリスニングが苦手だという人も多い。EST監修の本格的な学習がモバイルで手軽に学習できれば、その苦手意識を克服できる人も増えるに違いない。

【企業サイト】ユニファイド・サービス株式会社

広告 

PAGE TOP