【アメリカ】大学院の学習を効果的にする学習管理システム

アメリカのInstructure社は、スタンフォード経営大学院のオンラインコースで自社の学習管理システム”Canvas”の使用を始めると発表した。”Canvas”はクラウドベースのプラットフォームで、将来的なアドオンの追 […]

教育システム

アメリカのInstructure社は、スタンフォード経営大学院のオンラインコースで自社の学習管理システム”Canvas”の使用を始めると発表した。”Canvas”はクラウドベースのプラットフォームで、将来的なアドオンの追加など自由度が高い設計だ。

今回は、同大学院のMBAコースなどで”Canvas”が使われる。生徒たちはこのプラットフォームから課題の受け取りや提出をしたり、何人かでチームを組んで共通の課題に取り組む。また、スケジュール管理も行える。2011年2月にサービスが開始された”Canvas”は、現在では世界中で1600万人以上の教師や生徒に利用されている。
Instructure
学習管理システム開発のトップ企業であるInstructure社と質の高い教育を提供しているスタンフォード大学院が共同することで、効果的なオンライン教育が可能になる。それによって生徒は将来の厳しい競争社会を生き残ることができる能力を十分に身につけられることだろう。

【企業サイト】Instructure

広告 

PAGE TOP