【カナダ】eラーニングを利用した英語教育、タイの地方都市へ拡大

カナダのBraincloud社は、タイ南部の人がeラーニングで英語を学習するための教育プログラムの開始を発表した。同社はプロジェクトの一環として、教育戦略、タブレットやソフトの開発を担当した。また、タイ国内のインフラ整備 […]

教育システム

カナダのBraincloud社は、タイ南部の人がeラーニングで英語を学習するための教育プログラムの開始を発表した。同社はプロジェクトの一環として、教育戦略、タブレットやソフトの開発を担当した。また、タイ国内のインフラ整備も行った。

ASEAN諸国での英語公用語化の動きに合わせ、アジア各国で若者に対する英語教育の必要性が高まっている。しかし、タイでは政情や治安の不安定が原因で、十分な数の英語講師をそろえることが難しい。また、都市と地方の村での生活格差も大きい。そうした問題を解決する手段として考えられているのがeラーニングだ。Braincloud社は、既にフランスやアメリカで成功をおさめている。
Braincloud
2014年8月から1,000人のタイ人学生が学習を始めているが、2016年までには2万人の学生に普及させる計画だ。このようにeラーニングを活用することで、今まで教育を受けられなかった子どもたちが大人になって活躍できる機会が増えることだろう。

【企業サイト】Braincloud

広告 

PAGE TOP