【アメリカ】小中学生向けITスキル早期習得へ画期的な奨学金制度

アメリカのK Alliance社は、現代の若い世代が抱える問題に対処すべく、小中学生を対象とした奨学金プログラムを始動する事を発表した。 長引く就職難に加え、付加学習や大学進学にかかる費用の高騰など、昨今の若者を取り巻く […]

教育システム

アメリカのK Alliance社は、現代の若い世代が抱える問題に対処すべく、小中学生を対象とした奨学金プログラムを始動する事を発表した。

長引く就職難に加え、付加学習や大学進学にかかる費用の高騰など、昨今の若者を取り巻く学習環境は複雑化する一方である。本プログラムは学生に同社のオンライントレーニングへのアクセス権を提供する。同社が提供する多様なコースやアプリ、教育用ソフトウェアなどは、今後更なる需要の高まりが予想されるIT関連スキルの習得に特化している。初中等教育の段階にITスキル学習を追加する事によって、将来的なキャリアの選択肢を広げることこそ、今回の奨学金制度最大の狙いである。
K Alliance
あらゆる変化にも柔軟に対応できる教育体制へのスムーズな移行こそ、現代の若者達が直面する厳しい状況の突破口となり得るのではないだろうか。

【企業サイト】K Alliance

広告 

PAGE TOP