【アメリカ】学習形態もソーシャル化する時代

アメリカのソーシャルラーニングプラットフォームを提供するNovoEdは、調査研究、テクノロジー関連、高等教育などの分野に属する協会(16団体)との協定締結を公表した。 同協定締結は、パートナーシップを結んだ教育機関や団体 […]

教育システム

アメリカのソーシャルラーニングプラットフォームを提供するNovoEdは、調査研究、テクノロジー関連、高等教育などの分野に属する協会(16団体)との協定締結を公表した。

同協定締結は、パートナーシップを結んだ教育機関や団体を介してNovoEdのサービスをより多くのユーザーへ提供する事が最大の目的である。PCさえあれば場所を選ばず学習可能といった、オンラインラーニングならではの利点を活かしつつチームアップ学習を実現している点こそがNovoEdの強み。個々の学習レベルの均等化を図った上でチームを作るため、より効率的な学習が可能となる。もちろん地理的な限界を感じさせない点も大きな特徴のひとつと言える。
NovoEd
ある特定の分野に特化するのではなく、異業種間や地域等の垣根を取り払うことができれば、新しい学習法や異なる視点を知る機会も増える。今回の協定締結により、多くのユーザーがベネフィットを得ることになるだろう。

【企業サイト】NovoEd

広告 

PAGE TOP