【日本】日本発、学習行動の記録ができるTinCanAPIが始動開始

日本においてのeラーニングの普及に尽力し、昨今のE-ラーニング市場の立役者的存在である株式会社デジタル・ナレッジ。同社は2013年12月26日に日本発お披露目となる「次世代型、学習行動記録エンジンTinCanAPI」を搭 […]

教育システム

日本においてのeラーニングの普及に尽力し、昨今のE-ラーニング市場の立役者的存在である株式会社デジタル・ナレッジ。同社は2013年12月26日に日本発お披露目となる「次世代型、学習行動記録エンジンTinCanAPI」を搭載した自社のeラーニング統合プラットフォーム「KnowledgeDliver(ナレッジデリバー)」を発売した。

今回の新型TinCanAPI搭載KnowledgeDliverが最も優れている点は、その記録機能にある。従来の規格では到底実現し得なかった、リアルタイムで行われる授業の内容やインターネットを使ったオンライン学習内容までも記録することができるのだ。これにより生徒一人一人の学習進行状況やこれまでの学習履歴、授業中の理解度や試験データ、更にはこれまで生徒が取り組んで来た様々な学習法に関する詳細までも事細かに記録できる様になる訳だ。

記録したデータはもちろんいつでも閲覧可能であり、随時、これまでの取り組みや学習法を見直すこともできる。そういった作業を繰り返すことで自分に最適な学習法を瞬時にピックアップでき、時間的なロスを防いでより効率良く学習を進められる。

デジタル・ナレッジ

実際にTinCanAPI搭載KnowledgeDliverが各種学校や教育機関の現場に導入されるようになれば、教師と生徒双方が集中すべき点がよりクリアになり、授業の質も今より上がるのではないだろうか。更に言えば、自分自身の学習履歴を見返すことで、自分が持ち得る能力を知る手掛かりを掴むことも可能だろう。自身の能力を最大限に活かす「適所」を模索する際にも大いに役立つのではないだろうか。

【企業サイト】株式会社デジタル・ナレッジ

 

広告 

PAGE TOP