【ノルウェー】ミレニアルジェネレーションが語るオンラインラーニングの展望

ノルウェーのTlenor Groupはノーベル平和センターとのコラボレーションによるYouthサミットの開催を決定した。同サミットは、ミレニアルジェネレーション(ジェネレーションY)生まれの若き起業家25名が一堂に会す。 […]

教育システム

ノルウェーのTlenor Groupはノーベル平和センターとのコラボレーションによるYouthサミットの開催を決定した。同サミットは、ミレニアルジェネレーション(ジェネレーションY)生まれの若き起業家25名が一堂に会す。出席者全員がノーベル賞の受賞を視野に入れる程の実績とアイデアを持っており、今回のサミットが彼らにとって更なる飛躍の為の布石となるのではと期待も大きいようだ。

同サミットを主催するTelenor Groupは新鋭のオンラインラーニングシステムを提供するEsploriのCEO、Federico Pistono氏を迎える事を決定している。同氏は自身も今回のサミット参加者と同じくミレニアルジェネレーション世代と言う立場から、これまでの取り組みや成果、数々の失敗や経験等を参加者全員とシェアする予定だ。「IT社会と言われる現代、かつてない程に多種多様なチャレンジに立ち向かわざるを得ない状況も多い。しかしながら、ひと昔前と違って我々はテクノロジーという強い味方を得ているのも確か。有益な情報やツールが十分整えられている環境の中、必要とされているのは創造性溢れるアイデアを持ちつつも現実的な視点を兼ね備えた若い世代である」と語るFederico Pistono氏は若干27歳。

Tlenor Group

実際にコミュニケーションテクノロジーのフィールド最前線で活躍する人々の体験談や失敗談、将来に向けての動向を直に聞けるチャンスはそう滅多にあるものではない。今後もより多くの企業や団体が積極的に若い世代の育成に向けたサミットや協議の場を設ける事を期待したいものだ。

【企業サイト】Tlenor Group

広告 

PAGE TOP