【アメリカ】パーキンソン病に対する理解を深めるオンラインセミナー

アメリカのムハンマド・アリ・パーキンソンセンターは、医学生など向けにパーキンソン病について学べるウェビナー「Parkinson 202」を開催する。 Parkinson 202の特徴は、パーキンソン病のnon-motor […]

未分類

アメリカのムハンマド・アリ・パーキンソンセンターは、医学生など向けにパーキンソン病について学べるウェビナー「Parkinson 202」を開催する。

Parkinson 202の特徴は、パーキンソン病のnon-motor症状について学べるもの。内容は、疲労やエネルギーマネジメント、認知の変化、健康とバランス維持など各2時間のセッションで4週間無料で開催する。アメリカ、メキシコ、コロンビアの学生向けに配信される。セミナー参加者は、意見を投票したり質問をメールで送ることも可能で疑問の解決から知識の定着をはかれる。今年4月に開始した同様のセミナーではアメリカ、メキシコ、コロンビアから合計250人以上が参加した実績がある。

Parkinson 202

このセンターは、ヒスパニック系でパーキンソン病を患っている人の健康を促進するためのプログラムを始めた最初の機関だが、今後もさまざまな病気の知識を学ぶためのオンライン学習が広がっていくことだろう。

【セミナー詳細サイト】Parkinson 202

【企業サイト】ムハンマド・アリ・パーキンソンセンター

広告 

PAGE TOP