【アメリカ】建築設計をゲーム感覚でシミュレーションできる教育サービス

アメリカのDesigning Digitally, Inc.とRutgers Universityは、建築設計を学ぶ学生に向けにデザインの3Dシミュレーションができる「L.I.V.E. (Living Independe […]

教材/アプリ

アメリカのDesigning Digitally, Inc.とRutgers Universityは、建築設計を学ぶ学生に向けにデザインの3Dシミュレーションができる「L.I.V.E. (Living Independent Virtual Environment) 」を提供開始した。

L.I.V.E. (Living Independent Virtual Environment) の特徴は、3Dのゲーム空間でバリアーフリーの住宅などを設計できるもの。従来型の講義では実現が難しかった設計から施行までを疑似体験をとおして学べる。出来上がった建築物を教員がキャラクターを用いて利便性などをチェックすることができる。問題点が見つかった場所は、間取りや廊下の広さなどを容易に変更することができるのも仮想空間のメリットといえそうだ。

 Designing Digitally, Inc.

実際に設計して建築した家を友達同士で紹介し合うこともできるため、非常に楽しく学ぶことができそうだ。

【企業サイト】 Designing Digitally, Inc.

広告 

PAGE TOP