【オーストラリア】MOOC導入の是非を話し合う公開シンポジウムが近日開催

オーストラリアのシドニー大学は、同大学内における教育に応用できる科学技術を研究する部署と教授陣の協力によって「大規模公開オンライン講座(MOOC)を活用した生徒の学習体験」に関する教育シンポジウムを開催することを発表した […]

教育システム

オーストラリアのシドニー大学は、同大学内における教育に応用できる科学技術を研究する部署と教授陣の協力によって「大規模公開オンライン講座(MOOC)を活用した生徒の学習体験」に関する教育シンポジウムを開催することを発表した。

同シンポジウムは、大規模オンライン公開講座の導入によって生じるメリット/デメリット、リスク、研究/開発におけるコスト運用、学生の学習体験などがテーマになっている。講演者は、ロンドン大学教育研究所の教授をはじめとする様々な大学教授が名を連ねる。その他、教育ICTや大規模公開オンライン講座についての専門知識が豊富な論客たちが一同に会する。

JULY EDUCATION SYMPOSIUM - MOOCS AND THE STUDENT EXPERIENCE OF BLENDED LEARNING

教育関係者がお互いに交流を深めながら意見を交換できる本シンポジウムは、オーストラリアの教育における未来を討論する上で絶好の機会になりそうだ。

【教育シンポジウム紹介サイト】JULY EDUCATION SYMPOSIUM – MOOCS AND THE STUDENT EXPERIENCE OF BLENDED LEARNING

【大学サイト】The University of Sydney

広告 

PAGE TOP