【シンガポール】中学校へ技術系スキルが学べるeラーニング導入開始

アメリカのAutodeskは、政府機関「シンガポール情報開発局(IDA)」と提携し国内の中学校にeラーニング「Autodesk Education Master Suite」「Autodesk Entertainment […]

教育システム

アメリカのAutodeskは、政府機関「シンガポール情報開発局(IDA)」と提携し国内の中学校にeラーニング「Autodesk Education Master Suite」「Autodesk Entertainment Creation Suite for Education」提供開始した。

シンガポール情報開発局は、 国民のデジタルスキルの向上を目的とし教育機関へデジタル機器、教育支援システムの導入を推進する団体。本提携により、シンガポールの20万人以上の中学生がeラーニングを利用可能になり建築、エンジニアリング、デジタルアートなどの技術系スキルを学習できる。eラーニング導入により授業中以外でも気軽に学習に取り組める環境作りが可能になる。また、おまけとしてトレーニング法やカリキュラムの組み方などの豊富な資料も閲覧できる。

Autodesk

シンガポールで政府機関が民間のIT企業と提携するのは初めての試みだが、次代を担う生徒達にデジタルスキルを習得させる試みは今後増えていきそうだ。

【企業サイト】Autodesk

広告 

PAGE TOP