【アメリカ】血管内超音波検査が学べるiPadアプリ

アメリカのVolcano Corporationは、医療従事者向けに血管内超音波検査(IVUS)が学べるアプリ「Aortic IVUS」をiPadで提供開始した。 Aortic IVUSは、血管内治療を学びたい学生や医師 […]

教材/アプリ

アメリカのVolcano Corporationは、医療従事者向けに血管内超音波検査(IVUS)が学べるアプリ「Aortic IVUS」をiPadで提供開始した。

Aortic IVUSは、血管内治療を学びたい学生や医師など医療専門家を対象としたIVUSが学習できるアプリ。特徴は、処置手順のワークフローなどをアニメーションや画像で説明した事例で学べるもの。内容は、大動脈IVUS読影ガイド、EVAR&TEVARの手順と実証事例などが学習できる。大動脈内にカテーテルの位置を登録させることで大動脈内外科処置手順を疑似体験が可能。

Aortic IVUS

このようなアプリを使うことで、リアルな処置イメージが湧きやすく医療関係者にとっては画期的なアプリになりそうだ。

【ダウンロードサイト(iPad)】Aortic IVUS

【企業サイト】Volcano Corporation

広告 

PAGE TOP