教育サービスのビジネスモデルとは何か

教育サービスを提供する場合、何らかの収益を目指さなければ中長期的な継続が難しくなります。そこで今回は教育サービスを提供する際にどのような利害関係があり、どういう形でビジネスモデルが構築されるかをまとめます。

教育総合

教育サービスを提供する場合、何らかの収益を目指さなければ中長期的な継続が難しくなります。そこで今回は教育サービスを提供する際にどのような利害関係があり、どういう形でビジネスモデルが構築されるかをまとめます。大きく分けると4つあります。

教育サービスのビジネスモデル

教育サービスのビジネスモデル

 

1)利用者から利用料をもらうケース
これはアプリや、ウェブベースのeラーニングサービスを有料で利用者に販売するものです。アプリであればAppleやGoogleの決済手段になり、ウェブベースであればカード決済やウェブマネーなど自由に設定することが可能です。最もポピュラーなケースであり、アプリごとに課金する都度課金や毎月利用料がかかる月額課金があります。

利用者から利用料をもらうケース

利用者から利用料をもらうケース

 

2)提供者がサービスとして利用者に使ってもらうケース
提供者がセミナーなど他のビジネスで売上を上げている場合、利用者とのコミュニケーションを促進する意味で無料でネットの教育サービスを提供することがあります。これは利用者と絶えずコンタクトすることで顧客満足度を向上させる狙いがあります。

提供者がサービスとして利用者に使ってもらうケース

提供者がサービスとして利用者に使ってもらうケース

3)特定の第三者がスポンサーとして提供するケース
ある分野に興味のある利用者が集まっている場合、第三者の企業がスポンサーとして広告を出稿することがあります。これは教育に限らず、一般的によくあるものです。例えば、若者にアプローチしたい商品がある場合、彼らに人気のスポーツであるスケートボートの大会にスポンサーとして協賛します。

特定の第三者がスポンサーとして提供するケース

特定の第三者がスポンサーとして提供するケース

4)提供者が無料で提供し、不特定の第三者から広告を掲載してもらうケース
アプリなどが無料で提供される場合にそのアプリに興味をもつ人に対し、第三者の企業が広告を出稿します。これは3)と異なり、スポンサーがあらかじめ決められていません。アプリ提供者側からみれば、特定のスポンサーを探さずとも広告掲載してもらえることになります。無料で利用できるアプリに掲載されている広告は大半がこの形をとっています。

提供者が無料で提供し、不特定の第三者から広告を掲載してもらうケース

提供者が無料で提供し、不特定の第三者から広告を掲載してもらうケース

広告 

PAGE TOP