教育サービスで語られるモバイル/ソーシャル/ゲーミフィケーションとは何か

次世代の教育サービスを語るキーワードとして、モバイル/ソーシャル/ゲーミフィケーションという単語があります。ソーシャルとはFacebookやTwitterなど人と人とのつながりを活用したもの、モバイルとはスマートフォンや […]

未分類

次世代の教育サービスを語るキーワードとして、モバイル/ソーシャル/ゲーミフィケーションという単語があります。ソーシャルとはFacebookやTwitterなど人と人とのつながりを活用したもの、モバイルとはスマートフォンやタブレットなどを利用したもの、ゲーミフィケーションとはゲームにある楽しみながらできる要素を盛り込んだものです。

モバイル/ソーシャル/ゲーミフィケーション

モバイル/ソーシャル/ゲーミフィケーション

これらの単語を羅列しただけではその重要性をうかがい知ることができません。しかしながら、ネットが向かう次の時代を考えれば徐々に説明がついてきます。

まず、インターネットの中心が徐々にパソコンからスマートフォンなど常時携帯する端末に移りはじめ、やがてパソコンよりスマートフォンなどのデバイスから接触する人数の方が多くなります。そのような意味でモバイルの重要性は高まりつづけています。続いて、10年前とは比較ならないほど人と人がつながるためのコストが劇的に下がっています。Twitter、Facebook、Skypeを使っていれば年賀状でのやりとりが必要なくなるぐらいリアルタイムに遠くにいる知り合いのことが分かります。最後に重要なのがマニュアルがなくても誰もが理解できるユーザビリティ(使い勝手)です。ユーザビリティが一番洗練されているものの一つがゲームです。ゲームは説明書を読まなくとも最初に簡単な課題をこなすことで操作を学ぶことができます。

それら3つが組み合わさりながら、より多くの人が他人から刺激を受けながら学習できる環境が整いつつあります。また学習が続かない人に向けても分かりやすいゲームの操作を盛り込んだり、他人からフォローされたりできる環境ができつつあります。教育や学習はデジタルの恩恵を受けながら、少しずつ変わりつつあります。最も大切なことはそのメリット/デメリットを理解して、使いこなすことにあります。

広告 

PAGE TOP