スキマ時間とスマホ学習メソッド

スマホを活用し、自分に合った学習メソッドを考えてみましょう。 スマホといえば、外出先や寝る前のちょっとしたスキマ時間に気軽に使える点。 友人の20代女性にヒアリングしながら、スキマ時間の学習メソッドプランを考えてみました […]

未分類

スマホを活用し、自分に合った学習メソッドを考えてみましょう。

スマホといえば、外出先や寝る前のちょっとしたスキマ時間に気軽に使える点。
友人の20代女性にヒアリングしながら、スキマ時間の学習メソッドプランを考えてみました。

<前提条件>
・将来はレストラン/カフェを開きたいので、調理師の資格を取得したり、経営の基本を学習したい
・仕事は午後7時に終わるが友人と会うことが多く、なかなかまとまった時間が取れない
・友人と会うことはストレス解消であり、一緒にレストランをめぐることがよい勉強になるので
その時間を減らさずにコツコツと自主学習をしたい

<スキマ時間の分析>
・通勤時に電車に乗っている時間が20分ほどある
・昼の休憩時間は、ランチに一緒にいく友だちを待つ時間が10分ぐらいある
・帰宅時に同様に電車に20分乗っている
・寝る前にベットで10分ぐらい時間がある
合計すると平日は1日60分ぐらい、土日は1時間ずつ学習の時間がとれる目算

<スキマ時間ごとの学習教材>
・平日の通勤時はまだ眠さが残っているので、すでに学習した分野の電子書籍で覚えものをする
・昼の休憩時間は大分頭が冴えているので、アプリで新しい分野の問題集を解く
・帰宅する電車は疲れているので、電子書籍でカフェ経営物語を読む
・寝る前は昼に解いた問題集アプリで間違ったところを見直す
・土日は、カフェでゆっくりしながら1時間ぐらい教科書や電子書籍を読む

<学習時間>
・学習時間の合計は、平日1時間×5日=5時間、土日2時間を加えると1週間あたり7時間
・毎日きちんと続ければ1年で365時間はスキマ学習が可能
・多少さぼることを考慮し8割ぐらいできたとすると、292時間/年は学習時間に割り当てられる

まとめると、スキマ時間を集めてざっと1年あたり292時間を学習時間にすることができ、仮に3年続ければ900時間弱を自分の夢にむけて投資できるのは悪くないと感じました。

貯金と同じで地道な積み重ねがタネ銭ならぬタネノウハウを生みますので、自分ならではの学習メソッドを考えてみてはいかがでしょうか

広告 

PAGE TOP